ラブライブ SS 凛 「かよちん…凛のこと嫌いにならないで……」ポロポロ  花陽「」ゾクゾク

img_1

——-PM11:00花陽の部屋——-

花陽「そろそろ寝よっか?」

凛「えぇ、まだ早いよぉ。次はゲームしよっ」

花陽「ごめん凛ちゃん。花陽、そろそろ眠たいかも」

凛「せっかく久しぶりのお泊りだよ、もっと遊びたいにゃあ!」

花陽(無邪気な凛ちゃんの笑顔……可愛い)

花陽(この笑顔が曇ったら、どうなるんだろう……)

花陽(きっとすごく可愛いんだろうな……)

凛「それじゃあ協力プレイのゲームしよっ。ねっ?」

凛「それなら眠たくならないよ」

花陽「……………………」ボー

凛「かよちん?おーい」ブンブン

花陽「……!」ハッ

花陽「ご、ごめんね、明日じゃダメかな?」

凛「むむぅ……仕方ないにゃ」

凛「じゃあねじゃあね!」

ベットダイブ

凛「一緒に寝よ!」

花陽(……これを断ったらどうなるんだろう)

花陽(凛ちゃん、泣いてくれるかな……)

花陽(って、ダメダメ!花陽ったら何を考えてるの!)

花陽(でも……)

凛「かよちん、早く早く~!」

花陽(衝動を抑えきれません……!)

花陽「……ううん、今日は別々に寝よ? 凛ちゃんのお布団も用意してあるから」

凛「凛はかよちんと一緒に寝たいよ~!」

花陽「でも、私たちももう高校生だし」

凛「さっきは凛がかよちんのわがまま聞いたんだし、今度はかよちんの方が折れる番だよ~!」

花陽(このチャンスを逃す手はありません!)

花陽「わがまま……?」

花陽「凛ちゃん、今わがままって言ったよね?」

凛「えっ……うん……」

凛「かよちん、どうしたの?」

花陽「……………………」

凛「か、かよちん、怒ってる?」アセアセ

凛「ごめんね、さっきのは冗談だよ?」オドオド

花陽「冗談?」

花陽「花陽が折れてたらゲームしてたよね?」

花陽「それって冗談て言うの?」

凛「っ…………」

花陽「もう11時だよ?花陽の言ってること間違ってる?」

凛「ごめん……かよちんは間違ってないよ……」ションボリ

花陽「そういうの、わがままっていうのかな?」

凛「……言いません」ウツムキ

花陽「ならどうするの?」

凛「……かよちん、ごめん…」ウルウル

花陽(この表情だけでご飯4杯はいけます!)

花陽「ごめん……?ごめんなさい、だよね?」

凛「……ごめんなさい」ポロポロ

花陽(凛ちゃんの泣き顔、最高です!//)

花陽「これまで花陽はずっと凛ちゃんのわがままを聞いてきたんだよ?」

花陽「凛ちゃん、人の気持ちとか考えたことある?」

凛「ごめんなさい、ごめんなさい……」ポロポロ

花陽「凛ちゃんにはお仕置きが必要だね」

凛「!」ビクッ

凛「お仕置き……?」ブルブル

花陽「今夜寝るまで、凛ちゃんは花陽のペットだよ」

凛「ペット……?」

花陽「そう、花陽はご主人様」

花陽「凛ちゃんは花陽の命令に従わなきゃいけないの」

凛「そんな………」

花陽「凛ちゃんはわがまま言うくせに、花陽のわがままは聞いてくれないの?」

花陽「はぁ………凛ちゃんのこと、見損なった」

凛「か、かよちん!」

凛「聞くよ、言うこと聞くから!かよちんのペットになるから!」

凛「だからお願い……」グスッ

凛「かよちん…凛のこと嫌いにならないで……」ポロポロ

花陽「」ゾクゾク

花陽「じゃあ早速。凛ちゃん、今から『にゃあ』以外喋っちゃダメだよ」

凛「……」コクッ

花陽「いい子だね……よしよし」ナデナデ

凛「にゃあ……//」

花陽「凛ちゃん、四つん這いになって」

凛「…………//」ペタリ

花陽「花陽の指、舐めて?」スッ

凛「……//」ペロペロ

花陽(上目遣いに指を舐める凛ちゃん……//)

花陽(すごく艶めかしいよ……!//)

花陽「そのまま咥えて」

凛「//」コクリ

パクッ

凛「ンッ……ジュル……チュパ……//」

花陽「凛ちゃん……可愛い//」

凛「っ!?//」

ジュポ

凛「~~~~///」フルフル

花陽(あっ…恥ずかしがってやめちゃった//)

花陽「あっ、喉乾いたでしょ」

花陽「チョットマッテテ~」タタタ

―――――――――――

花陽「はい、ミルク」

凛「これ……お皿」

花陽「喋っちゃダメ」

凛「にゃ……にゃあにゃ」オドオド

花陽「舐めて飲むんだよ、凛ちゃん」

凛「にゃあぁ…………//」

スッ

凛「…………//」ペロッペロッ

花陽(可愛いよぉ凛ちゃんっ!!//)

花陽(今後凛ちゃんを男みたいなんて言う輩が現れたら花陽が鉄拳制裁をくらわします!)

花陽「おいしい?」

凛「にゃぁ//」コクン

凛「…………//」モジモジ

花陽「……凛ちゃん、ペットにされて興奮してる?」

凛「っ!?//」ビクッ

凛「~~~~っ!!」ブンブン

花陽「…………//」ムラムラ

花陽「あ、あのね……クローゼットに大きなマフラーがあるの//」

花陽「首輪代わりに……巻く?//」

凛「……………………//」

凛「………………//」コクリ

―――――――――

花陽「凛ちゃん、苦しくない?//」

凛「にゃあ//」

花陽(凛ネコ……//)

花陽「それじゃあ、お散歩しよっか//」

花陽(マフラーの先を持って……//)

テクテク トコトコ

花陽(………………//)ゾクゾク

グイッ

凛「にゃ……!」

花陽(もう……理性が限界です)プツン

花陽「凛ちゃん……ベットに登って?」

凛「にゃあ……」ヨイショ

花陽「仰向けになって」

凛「………………//」ゴロン

スッ ウマノリ

花陽「凛ちゃん……」ギュッ

凛「にゃぁっ!?//」ビクッ

凛「かよちん……さすがに恥ずかしいよぉ//」オドオド

花陽「凛ちゃん、もう喋っていいよ」

凛「えっ……でも」

花陽「ほんとはね、全然怒ってないんだ」

花陽「凛ちゃんは花陽にわがままなんて言ったことないよ」

花陽「いつも花陽やみんなのことを考えてくれていて」

花陽「誰よりも気遣いが出来ること、知ってるよ」

凛「かよちん……?」

花陽「凛ちゃんのおかげで、花陽はいつも笑顔でいれるんだ」

花陽「今日はごめんね……いじわるしちゃって」

凛「かよちん……ほんと?」

凛「凛のこと……嫌いにならない?」

花陽「そんなことありえないよ……だって……」

花陽「花陽は凛ちゃんのこと、世界で一番大好きだもん」

凛「っ――かよちん……!」ポロポロ

凛「凛も、凛もかよちんのこと、大好きっ!」ギュッ

花陽「凛ちゃん……」スッ

チュ

凛「っ!?//」

花陽「だから、ね……//」

花陽「今夜は花陽と一緒に、寝てください//」

凛「…………うんっ……//」ニコッ

――――

―――

――

————-後日————-

凛「えいっ、とりゃあ!」

花陽「あっ……凛ちゃんタスケテ~!」

凛「かよちん!今助けに行くにゃ~!」

『花陽Diary』

昨日の夜、結局凛ちゃんは私の横ですぐに眠ってしまいました。眠たかったとか怖気づいたとかではなく、理由は単純明白で――

凛ちゃんは寝るという言葉をそのままの意味で受け取っていたようです。

さすがは真姫ちゃんいわくマジエンジェル、ピュアピュアは伊達ではなかったようです。

でも、これでよかった。もし事に及んでいれば、この関係が変わっていたかもしれない。

そんなことになったら、きっと私は耐えられません。

凛「かよちん、強行突破にゃあ!」

花陽「お、おおーっ!」

私の世界で一番大切な幼馴染は、今日も変わらず隣にいてくれます。

以上、りんぱなでした。

シェアしていただけると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想

  1. (;゜0゜) より:

    おもしろかったですー

    • 砂水クジラ 砂水クジラ より:

      懐かしいSSです、確か2作品目に描いたSSだった気がします……。
      ご感想、ありがとうございます♪

名前欄が空白の場合は「名無し」となります。コメントの反映、及び返信はしばらくお待ちください。

メールアドレスが公開されることはありません。